• 運命を変える眉メイクlesson

笑顔が台無し「能面眉」で損する場所って…?いつもの"1.3倍"仕込みがプロの秘策

2017.12.18

気が付けば、今年もあともうわずか。年末の仕事に追われつつ、「忘年会」を楽しみにしているひとも多いはず。

けれど実は眉メイクの仕方が原因で、忘年会で損をしてしまうことがあるって知ってた? 美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんに、忘年会で気をつけたい眉メイクのポイントを教えてもらった。

薄眉はNG。光の加減で眉の存在感がなくなることも…

忘年会が開催される場所と言えば、居酒屋やレストランなど、あたたかい"白熱灯"をはじめとしたダウンライトの環境が多いもの。

そのような暗めの光の下では、眉をナチュラルに描きすぎると顔全体がぼんやり見え、眉の存在感がなくなってしまうんだとか。

眉は表情を作るパーツなだけに、眉がぼんやりしてしまうと喜怒哀楽が分かりづらくなり、顔全体がくすんで見えてしまいます。

そこで意識したいのが、「いつもよりややしっかり眉を描く」ということ。それだけで表情がイキイキし、魅力的に見せることができますよ。

コメント: 玉村麻衣子さん

忘年会では、いつもの眉メイクの「1.3倍」しっかり描くべし

ここ数年はナチュラルな眉が人気を集めているけれど、ナチュラルに描き過ぎたり、
明るすぎる色で眉メイクすると、ダウンライトの下では眉が飛んで表情が不気味に見えてしまうこともあるみたい。

いくら流行りでも、忘年会では「ナチュラル眉」は避けるのがベター。いつもの眉メイクの1.3倍程度、しっかり色をのせるのを意識してみて。

色を乗せるときはもちろん、描くときも「しっかり気味」を意識するのがポイント。眉を描くときは、輪郭をややハッキリ描くと、顔がぼんやりするのを防げます。

コメント: 玉村麻衣子さん

大事な話題や、思わぬ出会いに恵まれるも多い「忘年会」。ぼんやり眉だと、忘年どころかあなたの存在まで忘れられてしまうかも…。印象に残る眉メイクで、今年を気持ちよく締めくくって。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

玉村 麻衣子に関連する記事

Recommend