明日「人生最大の肌荒れ」が来たらどうする? 美肌のプロが、アラサー世代にアドバイス

PR:オルビス株式会社

「30歳になると変わる」ってよく脅されるけど、実際そこまででもないでしょ? と思っているアラサー世代のみなさん。その瞬間は、実はもう目前まで迫っているのかも…。

アラサーで人生最大の肌荒れをしたという美容家の深澤亜希さんに、アドバイスを聞いてきました。

# 29歳で、人生最大の肌荒れを経験

ーー「自分に合った正しい美容法を行えば、誰でも必ずキレイになれる」をモットーに、多くの女性に美のレクチャーをしている深澤さん。アラサー世代はなにかと不安を抱えやすいと思うのですが、深澤さんご自身は30歳になったとき、なにか変化を感じましたか?

出典: 深澤亜希さんのインスタグラム(@aki_fukasawa)

深澤さん:20代のころは、ぼんやりとした夢や目標はありつつも「とにかく目の前のことを一生懸命やる」というのが基本姿勢でした。そこからだんだんと「自分にしかできないことはなんだろう?」と考えるようになって、行動に移し始めたのが28歳くらいでしたね。

ーー お肌の状態がガラリと変わったのも、そのころだったんですよね?

深澤さん:29歳のときに突然ひどい肌荒れが起きて、それまでのスキンケアが一切合わなくなったんです。「これさえあれば美肌になれる」と信じていたアイテムでも、効果を感じられなくなって…。 20代のころよりもお肌が敏感に傾いて代謝も落ちたことで、乾燥・お肌のゴワつき・くすみ・ツヤ不足、など様々な変化を実感しました。

# プロが教える「美肌になるのに欠かせないこと」

出典: lenetstan/Shutterstock.com

ーー なんの前ぶれもなく荒れてしまうなんて、こわいですね…。そのときはどんな対策をしたんでしょう?

深澤さん:スキンケアをすべて見直しました。美肌になるのに欠かせないことは、お肌を毎日、朝昼晩、鏡で観察すること。自分のお肌をよく知ることで、スキンケアとの相性がわかってくるので、それを元に選んでいくのがいいと思います。年齢によって身体が変わるように、お肌も変化していくので、30代以降はこまめにお肌に合わせたスキンケアの見直しをすることが、先手必勝のエイジングケアになると思いますよ。

ーー 今回深澤さんには、はじめてのエイジングケア化粧水にぴったりの
ORBIS=U(オルビスユー)』をお試しいただきました。使ってみていかがですか?

深澤さん:少しとろみのあるローションで、お肌をみずみずしく癒すように、優しくなじむのが気持ちいいです。お肌のキメがビシっと整って、つるりとした卵肌になるような。その後の保湿液のなじみが、ぐっとアップした気がします。年齢とともに肌悩みも変わるから、そのときの肌状態に合わせて働きかけてくれるところがいいですね。

ーー「エイジングケアって、何から始めたらいいかわからない…」というアラサー世代にぴったりですね。

いつまでも若くいたいなら、お肌のケアは必要不可欠。いまの自分にあったケアで、深澤さんのように澄んだ美肌を目指してみては?

by.Sでは、アラサー世代必見の特集「30超えたらやめるべきこと、すべきこと」を展開中。今やるべきことがわからない…と迷っているあなたは、ぜひチェックして。

Sponsored by オルビス株式会社