「ポーチにリップとファンデともう1つ」。“彼から愛される”大人の簡単デートメイク

2017.12.23

クリスマスは一年の中でもなんとなく特別な日。だからいつも以上にきれいな自分で彼に会いたい。そんな時は、プロおすすめの特別メイクで彼をドキッとさせてみたいもの。ヘアメイクアップアーティストの本岡明浩さんに、愛されメイクのコツを聞いた。

ポーチには「リップとファンデとハイライト」を入れるべし

普段のデートではナチュラルなメイクをしている人も、特別な夜には普段つけない赤いリップをつけてみて。キラキラしている街並みに映えるだけではなく、赤いリップは肌のトーンも一段明るくしてくれるんだとか。

また、忘れがちなハイライトもポイント。ハイライトを入れると、照明に当たった時にテカリとは違う上品な輝きで、肌をきれいに見せてくれる。

だからプロおすすめのポーチの中に入れおきたいデートメイクアイテムは、お化粧直しのファンデーションと赤いリップ、そしてハイライト

大人だからこそギラギラメイクとかはしなくていい。自然と照明が肌を照らして、輝かせてくれるはず。

コメント: 本岡さん

美しい輝きを作る、ハイライトを入れる箇所はココ!

ハイライトを入れる時、気になるのは顔のどこに入れたらいいのかということ。入れる場所によっては、肌がテカっているように見えてしまって残念な感じになることもあるので、注意。

ポイントは、「顔の前に出ている部分を出ているように見せる」「光が当たるときれいに見えるところにいれる」ということ。

入れる部分は、4点。
1.眉毛の下から目の周りを軽く「く」の字で囲む
2.目頭
3.目頭と目頭の間の鼻のくぼみ
4.口の下のくぼみ
この4点に入れると、ギラギラとしたテカリではなくて、上品な光沢が出る。

出るとこ出なきゃ! 出てるところに光が当たるから、そこをきれいに見せたい。

コメント: 本岡さん

プロおすすめのハイライトはこれ

出典: ライター撮影

NARS ザ マルティプル 1501N ¥4,800(本体価格)

出典: ライター撮影

ハイライトを選ぶ時、してしまいがちな間違いが真っ白い粉のハイライトを選んでしまうこと。「白」は肌にない色なので、肌に馴染まずに、パウダーをのせている感が誰からみても一目瞭然。

だから、スティックタイプのハイライトがおすすめ。NARSのザ マルティプルの1501N は本岡さんのおすすめ品。色がほとんど出ず、パール感も主張しすぎない。そして、パウダーより肌馴染みが良いので、プロじゃなくてもナチュラルに肌をきれいに見せることができる。

メイク直しなら優秀スポンジのビューティーブレンダーで

出典: ライター撮影

ビューティーブレンダー(公式) ¥3,980税込)

テカらないようにしていてもやっぱり時間とともに、お肌のテカリが気になる。特に仕事をした後のデートの時には、お疲れ顔もリセットしたい。だから、そんな時にはビューティーブレンダー

ハリウッド出身の万能スポンジ。テカってしまった場所へビューティーブレンダーに水を含ませておさえ、パウダーを多めにつけて、再度水を含ませたビューティーブレンダーでおさえると、メイクの持ちが格段に良くなる。

テカリをおさえておきたい場所は、特に鼻の付け根、両小鼻とおでこ。ここにたたき込むとハイライトもいきてくる。時間がなくてもここだけおさえておけば、テカっていてもツヤに見えるんだそう。

好きな人とのデートの日。いつも以上にきれいにみられたいもの。だから、プロおすすめアイテムとメイクのコツを使って、上品大人顔になって彼を惚れ直させよ。

お問い合わせ先

NARS JAPAN
☎︎ 0120-356-686
www.narscosmetics.jp

代官山アトリエレザン
☎︎ 03-3464-7897
http://atelierraisin.cart.fc2.com

text : Keiko Kasuga

supervised by

ヘア・メイクアップアーティスト
本岡 明浩

ヘア・メイクアップアーティストKOSHINOに3年間師事し、独立後は女優、雑誌、広告のヘアメイクを担当。「凜として自信と品がある女性を増やす」を信条に活動中。
by.Sチャンネル「やまとなでしこビューティー計画。」で金曜日(隔週)配信中!

本岡 明浩に関連する記事

Recommend