ニキビ肌ならクレンジングの見直しを。プロが薦める、プチプラ&ドクターズアイテム

2017.12.31

食生活やスキンケアに気をつけているのに、いつまでたってもニキビが治らない。もう30歳近いというのに…。そんな大人ニキビに悩むひとは、 ニキビやニキビ跡(ニキビ痕)がない美肌の女性を見るたびにうらやましい気持ちになってしまったり…。

そんな悩みを、渋谷スキンクリニックの吉田貴子院長に相談してみると「もしかして、オイルタイプのクレンジングを使っていない?」と聞かれた。

えっ? 毛穴に入り込んだメイク汚れを落とすには、洗浄力の高いオイルタイプがベストと思っていたけれど…。

ニキビ肌が使うべきクレンジングは、オイル? ジェル? プロが薦める“種類”と“選び方”を✓

ニキビが、毛穴に皮脂が詰まることからはじまるのはご存じですよね? オイルタイプはもちろん、ミルクタイプのクレンジングにもオイルが配合されていることが多いです。オイルを含んだクレンジングを使うことで、肌が油分過多の状態になってしまい、ニキビの悪化を招いてしまうことも多いんですよ。ニキビ肌の方は控えた方が良いでしょう。

コメント: 吉田貴子先生

また「ニキビ肌のひとはシートタイプも避けたほうがいい」と吉田先生。シートタイプは皮膚をこすって汚れを落とす。つまり、知らぬ間に毛穴を傷つけていた…ということになりかねないのだとか。

じゃあ、ニキビ肌はどんなタイプのクレンジングを使えばいいの?

ニキビに悩んでいる方は、油分の少ないジェルタイプのクレンジングがおすすめです。ドクターズコスメとドラッグストアで購入できるものを、それぞれご紹介しましょう。

コメント: 吉田貴子先生

ニキビ対策クレンジング その1:お肌のプロ絶賛「SYSクレンジングジェル」

出典: ライター撮影

吉田先生のイチオシは「SYSクレンジングジェル」。医療機関専売の皮膚刺激の少ないスキンケア製品を多く取り扱うメーカー「SYS」の低刺激基礎化粧品シリーズのひとつで、ニキビ肌や敏感肌のひとにとくに人気なのだそう。

香料・色素は使用せず、低刺激成分を主原料とした肌に優しいクレンジングジェルです。もう何年目になるのか覚えていないほど愛用しています。低刺激なのにしっかり優しく汚れを落としてくれて、洗い上がりのすっきり感も大好きです。

コメント: 吉田貴子先生

チューブから出したばかりのジェルはやや固めのテクスチャー。肌になじませると、驚くほど軽い感触に変わり、ぬるま湯でさっぱりと洗い流せる。

コメント: ライターコメント

出典: ライター撮影

また、吉田先生が絶賛するのが、同じブランドの「SYSソープイエロー」。一見、普通の固形洗顔だけど…どんな特徴があるの?

出典: ライター撮影

「SYSソープイエロー」の主成分は硫黄。殺菌効果や抗菌効果にくわえ、皮脂汚れを落としたりする硫黄は、ニキビ肌の方には効果的です。クリニックの患者さんで、ニキビに悩んでいる方には必ず紹介している洗顔です。

コメント: 吉田貴子先生

ニキビ対策クレンジング その2:プチプラなのに優秀「キュレル ジェルメイク落とし」

出典: ライター撮影

「SYSはドクターズコスメなので、手に入りにくい場合もあります。ドラッグストアなどで気軽に購入したいなら…」と吉田先生が紹介してくれたのが「キュレル ジェルメイク落とし」。

出典: ライター撮影

大人ニキビは乾燥によって引き起こされることも多い。乾燥性敏感肌のひとは、角層細胞間のすき間を満たしてバリア機能の主役となる「セラミド」が不足しがちなのだとか。このセラミドを守りながら、毛穴の奥の汚れを落としてくれるのが「キュレル ジェルメイク落とし」の特徴だそう。

ゼラチンのようなやわらかいテクスチャーのジェル。肌にクルクルとなじませてからぬるま湯で洗い流すと、濃い色の口紅もきれいに落とすことができた。

コメント: ライターコメント

「クレンジングジェルはメイクが落ちにくい」なんて、もはや過去の話。ニキビに悩む大人女性へ、毛穴の奥に入り込んだファンデーションもすっきりと洗い流してくれる、クレンジングジェルに切り替えてみてはいかが?

取材協力/渋谷スキンクリニック 吉田貴子院長

text : 東谷好依

Recommend