気になるトレンドワードNo.1"ノームコア"の秋冬取り入れ術、教えます

「え、量産型女子?それって、ださくない??」にわかにこのコトバが囁き始められた今シーズン。この秋には自分流スタイル「ノームコア」を取り入れてみませんか? ポイントさえ押さえてしまえば、実はそれほど難しく無く、買い足すアイテムもそれほどありませんよ。

2014.09.17 更新

Normcoreとは、norm(normalの略)は「標準」、coreは「ハードコア」などの「コア」「核」を組み合わせた造語で、日本語に訳すと「普通、きわめて究極に普通」という意味合いです。

ノームコア『ゴージャスに飽きた!主張しないファッション』

「ノームコア」は、次なるトレンドとしてアメリカ誌「The Cut」や「ニューヨーク・マガジン」で発表されて話題になりました。
全体的にスタイルが確立されているけれど、”ゴテゴテしていないシンプルさ。かつ個人を認識される格好”をしている方がカッコいいという考え方に基づいた「ニュー・スタイル」です。

見栄をはってない格好をしているのにその人だと認識される格好がカッコいいという考え方

出典 http://leaddy.com

他の誰もがするような”conspicuously unpretentious” (明らかに見栄を張っていない)格好をしながらも”recognizable”(認識されるよう)になる

出典 http://leaddy.com

着ている服がその人の主張をするのではない、その考えこそがセクシーだと。

出典 http://leaddy.com

ノームコア取り入れポイント ①【こなれ感を出す】

ノームコアはハイブランドを全て排除するという事ではありません。「ハイブランドを着ても生活に寄り添うような服装で」。シャネルのヒップハング気味のボトムスにスニーカーを合わせてストリートスタイルに。

「何を着るか」ではなく、「どう着るか」という考え

出典 http://leaddy.com

セリーヌのバッグにワンピースはもうやめましょう。 セリーヌのバッグ&トッズのシューズをジーンズ&Tシャツに合わせると、あっという間に自分流のカジュアルな着こなし。

全体がブラック&足元はスニーカーの、スーパーラフな”ちょっとそこまで”スタイル。スパイスにラミネートサングラスを投入し、スエットを腕まくりすると、グッと品の良いこなれ感が。

ノームコア取り入れポイント ②【トレンドを意識】

ノームコアだからって、流行を排除する必要はありません。あえて流行のテニスニット&スリッポン取り入れてしまいましょう。”ゆるり”と着こなすスタイルで気張らない「ノームコア」らしさが実現します。

シンプル(ノームコア)がトレンドの今年は靴ひももないつるっとしたシルエットのスリッポンが人気。

出典 http://chichacker.jp

ノームコアは「白や黒のモノトーンばかりを使う」という意味ではありません。大好きなヒョウ柄ミニポーチだって大活躍。斜めがけにしたら、あとは服装はラフな上下&サンダルだけで、今っぽさ満載の「ノームコア」スタイル。

「旬」すぎるノームコアアイテムは「NIKEのソックス」。ハイヒールやドレスに合わせるだけで、一気にノームコア・コーデの完成です。

ハイファッションとストリートカルチャーが上手く融合され、全く違和感なく溶け込んでます。

出典 http://leaddy.com

ノームコア取り入れポイント ③【気の利いたアイテム選び】

”ゴージャスではない、主張しすぎないファッション”とは言っても、「トレーナー&ジーンズにスニーカーを合わせ続ける」という意味ではないのでご心配なく。上質な素材のリブタートルネック。カッティングの優秀な一品だからこそ、同系色でまとめても光ります。

伝統的なトレーナー、ミニスカート、ウイングチップのコーディネイト。学生コーデから昇格するなら、断然プリントトレーナーは、サイズ感のピッタリな上質アイテム”を選んで

「普通」である事が新鮮といった逆転の発想から生まれたもの。

出典 http://ameblo.jp

ウエストの見え具合が絶妙に計算された素敵シルエットに、スニーカーでカジュアルダウン。アクセもとことんシンプルにしたノームコアスタイル。体に適度にフィットしたデザインは、上下で異素材を使ってエッジを効かせて。

シンプル・イズ・ベストとはまさにこのことなのかもしれませんね

出典 http://imadouga.jp

ちょっとしたポイントだけ意識すれば、新しいアイテムを買い足さなくても「インスタントノームコア」がエンジョイできます。この秋は自由に、手持ちアイテムを組み合わせて「究極に普通なのに、新しい♥」自分流ノームコアを楽しんでみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    by.Sで記事を書いてみませんか?