20代で老け顔に? 恐怖の「スマホだるみ」の対処法。 /CHIHRU式 型破りビューティーの作り方

ヘア&メイクアップアーティストCHIHARUが大人女子の“美を磨く”ための実践的だけど型破りなTIPSをお届けします。

2016.12.09 更新

こんにちは、CHIHARUです。
 
最近、30代の女性にお会いすると、自分たちが30代だった頃より
老けているかも? と思うことがあります。
 
いろいろなことが便利すぎるせいで、
かえって身体の機能が落ちるのが早いような気がするんです。
 
その代表例が、「スマホだるみ」。
正面を向いていると可愛らしいのに、ふとうつむいた瞬間に
二重あごになって「あっスマホだるみだな…」って。
 
どんな場所でもスマホを手放せない人が増えていますよね。
電車に乗ると、全員がスマホを触っていてびっくりすることも。
でも下を向いてずっと画面とにらめっこしていると、
気づいたときには、二重あごの「スマホだるみ」になってしまうんです。
 
20代30代の女性は、小顔で体型もスリムな人が多いから、
アンバランスな「二重あご」が、特に目立ちますね。
また、バリバリ仕事をしている大人女子ほど、スマホやパソコンと
向き合って作業する時間が長くなるからあごのたるみには要注意、です。
 
そこで今回お伝えしたいのは、簡単にできる「スマホだるみ」解消法。
 
「スマホだるみ」が目立つときは、首の筋肉が衰えている状態。
そこで、口を思いっきりヨコに「イーーー」と広げ、
首筋に力を入れたまま30秒キープします。
このフェイスエクササイズを1日に何回か行うだけで、
スッキリしたあごのラインをキープできますよ。
 
また、ときどき顔を上に向け、首筋をぐっと伸ばすストレッチを。
パソコンの高さを上げるなどして、姿勢をよくすることも大切です。
 
こまめな対策で恐怖の「スマホだるみ」を防止しましょう!
 

■CHIHARU

ヘアメイクアップアーティスト。
1986年、第72期生として宝塚歌劇団入団。雪組・花組で男役スター、矢吹翔として活躍。在団中からメイクの勉強を始め、退団後はプロのヘアメイクアップアーティストに。舞台ヘアメイクのプロデュースをはじめ、女性誌の美容企画、美容セミナー、CMなど幅広いステージで活躍。女優、タレント、モデルからの支持も厚い。

※CHIHARUさんの新連載「CHIHARU式 型破りビューティーの作り方」10/1〜1週間連続更新中!どうぞお楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    芸能人トピックス

    • NEWHOT
    • NEWHOT
    • 市川海老蔵

      アメーバMVB

      市川海老蔵

    • {{talent.nick_name}}
      王冠 state

    • {{talent.nick_name}}
      state

    • {{talent.nick_name}}
      state

    • {{talent.nick_name}}
      state

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column