美しすぎる氷の湖に沈む神秘。世界一の透明度と歴史をもつロシア・バイカル湖

ロシアにあるバイカル湖は、「生物進化の博物館」と呼ばれ、寒冷で栄養素に乏しいにもかかわらず、世界屈指の生物多様性を持つ三日月型の湖。氷の美しさから「シベリアの真珠」とも呼ばれています。そして世界で最も古い「古代湖」でもあります。

2014.10.21 更新

ロシアにあるバイカル湖は、「生物進化の博物館」と呼ばれ、寒冷で栄養素に乏しいにもかかわらず、世界屈指の生物多様性を持つ三日月型の湖。氷の美しさから「シベリアの真珠」とも呼ばれています。そして世界で最も古い「古代湖」でもあります。

なんと25万人が眠るバイカル湖の歴史

20世紀初頭の帝政ロシアの革命時、ロシア王勢は革命軍から逃れようとシベリアの奥地に移動します。軍50万人に、貴族・僧侶や女性・子供など亡命者75万人、総勢125万人ものシベリア横断が始まりました。

気温は毎日氷点下20度を下回り、激しい吹雪などで凍死者が続出。20万の人間が一晩で凍死した日もあった。それでも、「死の行進」は休むことなく続けられ、3ヵ月後には125万人がたった25万人となってしまった。燃料、食料も底をつき、運搬用の馬も次々と倒れた。 
 

出典 http://karapaia.livedoor.biz

しかし生き残っていた25万人も、バイカル湖の氷を横断中に全滅してしまいます。

前代稀に見る激しい寒波が彼らを襲った。猛吹雪により気温は氷点下70度まで下がり、一瞬にして意識を失うほどの強烈な寒さで、人々は歩きながら次々と凍っていき、そして死んでいった。もはや湖面上に生きているものは存在しなくなった。 

出典 http://karapaia.livedoor.biz

春が来て雪解けの季節となり、バイカル湖の湖面の氷が溶け出した。25万の凍死者の屍は、ゆっくりとバイカル湖の水底深くに飲み込まれていった。バイカル湖の暗い湖底には今でもここで死に絶えていった数十万の魂が眠っているのだ。

出典 http://karapaia.livedoor.biz

その後もバイカル湖での行方不明者は後を絶たず、2011年にも4人が乗ったモーターボートの連絡が途絶え、その後すぐ別のモーターボートを探索に差し向けたが、そのボートも行方不明に。

仮に彼らが濃霧や悪天候などによって岸に衝突したのだとしても、湖の湖岸を何十キロに渡り捜索しても、船の残骸がまったく見つかっていないということが奇妙だと捜索隊員たちは語る。

出典 http://enigma-calender.blogspot.jp

世界最高の透明度を誇る湖

バイカル湖の見所は何と言っても、世界最高の透明度を誇る水質。不純物を含まない透明度の高さのあまり、太陽光の青い光を完全に通過させ、美しい水色に発色します。

現在世界最高の透明度を誇る湖

出典 http://ja.wikipedia.org

あまりに透明度が高いために、1月から5月の冬には凍結した湖面から40メートル下まで見通せるほど。

出典 http://japan.digitaldj-network.com

この美しい湖面を走るマラソンイベント「バイカル・アイス・マラソン」が、2005年から毎年開催。次の開催は2015年3月1日。まだ申し込みは間に合います!

楽器にもなる不思議な氷

バイカル湖の氷は、なんと楽器にもなります。氷の形によって木のような軽い音や、皮の打楽器のようなよく通る深い音、さらに氷を割る音など、変幻自在の音を出します。

出典: youtube

ロシアの打楽器奏者集団「Ethnobeat」が実際にバイカル湖で氷を使った打楽器の演奏パフォーマンスを行っています。

出典 YouTube

ロシアにも四季があり、春にはバイカル湖の氷が溶けてしまいます。春のバイカル湖も豊かな自然が美しいですが、太陽光を含んだ氷を目にすることはできないので、冬に訪問するのがおすすめです。

冬の時期は氷結した湖上を歩く体験もできます。

出典 http://www.jic-web.co.jp

湖畔のホテルやログハウスに宿泊し、夕暮れ時をゆっくり過ごすこともできます。

出典 http://www.jic-web.co.jp

■フライト
成田からウラジオストクまたはハバロフスク経由、ロシア国内線に乗り継ぐ(約4時間)

■アクセス
イルクーツク国際空港から自動車で約1時間。バスで2時間。

磁場が狂ったり、古い時代の船舶が蜃気楼のように現れるなど、不思議な現象が多いバイカル湖。一度は訪れてみたい、絶景です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    キュレーター募集