朝「何を羽織っていけばいいの?」と思う季節のオシャレな味方は”コーディガン”に決定♥

カーディガンだと物足りなくて、コートを着るほど寒くもない・・・。そんなときに活躍するのが「コーディガン」。デイリーカジュアルにも、きれいめシーンにも通用して、羽織るだけでサマになる。今年の新顔ワードローブです。

2014.11.04 更新

カーディガンみたいなコートみたいな…「コーディガン」。 カーディガンだとちょっと寒い・・。でもコートを着るほどでもない。そんなときに大活躍するこのアイテムは、秋冬のオシャレに欠かせない逸品です。

カーディガンのようなコート。コーディガンと言うそうな …ぷぷ。雑誌を見て買うとかあまりした事ないんだけど、これは翌日お店に走っちゃいました♩

出典 http://ameblo.jp

「コーディガン」とは上質なガウンタイプのニットコート

自由区 「エアリーカシミヤブレンド」 (24.900円+税)

「コーディガン」はカシミヤなどをブレンドして暖かさは保ちつつ、程よくスリムに仕上げたニットコートラップで、ボタンなどの装飾が少ないのがポイントです。柔らかすぎない風合いと、カッチリしすぎない着心地にLove。

狙い目は【小粋なパリジェンヌ】カラー

Foxey リバーシブルカシミヤコート (259.200円)

リアルクローズの白シャツを今風に仕上げるなら、オータムイエローがポイントのコーディガンが活躍。パリのエスプリを感じるカラ―を基調としてキュートに見せつつも、しっかり女性らしさを演出してくれます。ゴールドクラッチを1個持ちして、マチュアなムードを醸し出して。ボトムスはミニマムにまとめて絶妙なバランス感に

【カジュアルからお出かけまで】スタンダードに使う

23区「ダブルフェイスジャージーコート」(42,120円)

タキマキさんもコーディガン・ラバー。ノームコアなコーデが、柔らかなジャージー素材のコーディガンでたちまち旬なルックに。スタンダードな色・形のコーディガンを選べば、パンツ、スカート問わず”ワンランク上の表情”に仕上げられるのが嬉しいところ。写真はノーアクセですが、大振りのネックレスやピアスなどを加えるとたちまち華やかな印象に変わる便利コーデなので、日々のルーティンに大活躍

他には無いロング丈は【トレンド感】満載

ロン・ハーマン コーディガン(78,000円)

自分のセンスで遊ぶことができる、大胆な女性に向けたオーバーサイズのロングコーディガンも登場。グレー&ホワイトカラーで統一したパンツスタイルには、ロング丈とカラーの強めなポインティッド・トゥで味付けを。つややかなホワイトトップスでボリュームを上に持って来て。あえて首と足首をルーズにすると、グッと大人の女性に成長します。控え気味アクセ&無造作ヘアアレンジで、モード感が実現

毎年人気だったニットカーデですが、今年は「薄手で上質、装飾の少ない」”コーディガン”をチョイス! いつものコーディネートにプラスするだけで、たちまち今季らしい雰囲気に仕上がります。細身のシルエットで洗練されたムードの中にとっておきの“マイ・スタンダード”を見つけましょう。

CURATOR

PINK
PINK

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    キュレーター募集