高級食パンに行列!3種のトーストを食べ比べできる銀座”セントル ザ・ベーカリー”

銀座にある行列のできる“高級食パン”専門店。 「セントル ザ・ベーカリー」はベーカリーのほかイートインスペースがあり、全3種類の食パンを食べ比べることができます。評判の味をご紹介します。

2014.11.08 更新

2013年6月銀座にオープンした、高級食パン専門店セントル ザ・ベーカリー」
素材にこだわった食パンは決して安い値段設定ではありませんが、店内はいつも大盛況!行列のできる人気店です。
その魅力の1つが店内のカフェで楽しむことが出来る3種類のトーストの食べ比べ
今回は、話題のトースト食べ比べを中心に、セントル ザ・ベーカリーの魅力を紹介します。

高級食パン専門店 セントル ザ・ベーカリー

『セントル ザ・ベーカリー』は、渋谷や丸の内でも人気のパン屋さん『VIRON(ヴィロン)』の食パン専門店
入口の正面がイートインコーナー、その隣がお持ち帰り用のショップとなっています。

居心地のよさそうなソファ席。

VIRONはフランス発のベーカリーで、水とフランス産の粉にこだわったバケットが人気のお店です。

VIRONのパンやスイーツには、レトロドールという小麦粉が使われており、日本ではVIRONでしか味わうことができません。

こだわりの3種類の食パン

パンの種類が豊富なVIRONに対して、『セントル ザ・ベーカリー』は高い技術を生かし、国産小麦の「角食パン」、北米産小麦の角型「プルマン」、山型の「イギリスパン」の食パン3種類を提供。

角食パンは北海道産小麦ゆめちからを使用。風味豊かなもっちりしっとり食感で一番人気です。焼かずにそのまま食べるのがおすすめ

そのままでも焼いても美味しく食べられるプルマンは、カナダ産の小麦粉を使用。ふわふわ・もちもちを活かす湯種湯種、液種法で作られています。

山型のイギリス食パンは、VIRONのフランス産の銘柄小麦レトロドールバゲットの生地も使って作られています。薄く切って、カリカリにトーストして食べるのがおすすめです。

パンの製造工程が見れる店内は、ちょっとした工場見学気分です。

絶対たのみたい3種のトースト食べ比べ!

ショップで売り切れてもオーダー可能な食べ比べセット、「セントル トーストセット」。2種類から頼めますが、やっぱり3種類を食べ比べてみたいものです。
バター・ジャムと組み合わせるセットメニューがあります。

A ジャムセット(食パン3種) 1400円  
B バター食べ比べセット(食パン3種) 1100円   
C ジャム+バターセット(食パン3種) 1700円
全てのセットにコップ1杯の北海道美瑛放牧酪農場場産牛乳がついてきます。

パンを焼くトースターも選ぶことができ、それぞれのパンに合わせた最高の食べ方が探せます。

実際に食べ比べをした人の感想は?

パンそのものの味わいを楽しめるバターセットはやはり大人気。バターも3種類で「エシレ」「北海道美瑛牧場産」「国内メーカー」が付いてきます。

そのまま食べても美味しいと噂の角食パン

びっくりするぐらい甘く、ベビが1口入れたら美味しい!って言うので、子供が分かりやすいぐらい甘いパンです。

出典 http://tabelog.com

耳の部分が少し硬め。でも、中は十分な水分量でふんわりもちもち。
小麦の香りと甘み。絹のような上品な食パン様です。

出典 http://tabelog.com

バターやジャムとの相性のいいプルマン

プルマンは角食パンとの食べ比べをするならそのまま、またはトーストしてバターやジャムに合わせるのも人気です。

もちもちで密度が濃く、小麦粉のいいかおり。
食材本来の甘さを感じました。

出典 http://tabelog.com

そのまま食べるともちもちで、かなりの甘みが広がります。
トーストすると一転、ふんわりエアリー、サクッと軽くなります。

出典 http://tabelog.com

トーストして食べるのがお勧めなイギリス食パン

味わいが最大限に広がるトーストがお勧めです。

焼きますとこれがこんがりサックサク。
特に山の部分はバケットか?というくらい(笑)バリぱりっ!
テーブルの散らかり感が半端ないですが(笑)、耳以外もサックサク。
ほのかで強すぎない塩気。
味音痴?の私の子供であるJr.でさえも、何もぬらずにおいしいとペロリ。

出典 http://tabelog.com

その他気になるメニューもご紹介

イートインがある店内では、お昼の11時からサンドイッチやバリエーショントーストがオーダー可能。大流行中のフレンチトーストや、まるごとチーズがとろけるラクレットも評判です。

分厚い生地でボリューム満点なフレンチトースト。生地の中心までアパレイユが染み込んでいてトロトロの食感は、まるでクレームブリュレのよう。トッピングはアイスか生クリームが選べます。

パンの表面は焼き菓子のようなバターのリッチな香りが。甘さ控えめな生クリームとの相性は抜群です。

ラクレットが絶品のチーズ トースト。ラクレットとは、『アルプスの少女ハイジ』でおじいさんが串に刺したチーズを暖炉であぶっていたあのチーズです。

とろっとろのチーズが食欲をそそります。

専用のオーブンを使ってパンの上にチーズをたっぷり乗せてくれます。

その他にも定番のB・L・Tサンドやフルーツサンドといった食パンを活かしたサンドウィッチメニューがたくさん。中には6300円の超高級ビフカツサンドイッチも。ステーキに使われる上質の黒毛和牛ヒレ肉を、丹精につくられた極上ソースをからめるという手間暇のかかった一品だそうです。

大人気のフルーツサンド。

テイクアウトは東京みやげとしてもおすすめです!

ショップでは焼きたての場合、2斤からの販売となります。知る人ぞ知る東京の新しいおみやげとしてもおすすめです。

「角食パン」は840円、角型の「プルマン」は840円、山型の「イギリスパン」は735円です。

東京駅八重洲口からも歩いていける「セントル ザ・ベーカリー」。東京・銀座に立ち寄った際はぜひのぞいてみたいですね。

CURATOR

ユーキ。
ユーキ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    by.Sで記事を書いてみませんか?