通りの名前までそっくり!進撃の巨人のモデルといわれるドイツの城塞都市”ネルトリンゲン”

ドイツの街、ネルトリンゲンはまわりを城壁で囲まれた形状をしています。そうです、まさに、あの「進撃の巨人」の壁をモデルにしたと言われている場所なのです。

2014.11.12 更新

ドイツ・ネルトリンゲンという、中世の面影を残した街をご存知でしょうか。世界遺産に登録されているわけでもないのに、いま日本人旅行者が急増しています。

MIZUKI@sd23mizuki

ネルトリンゲン行きたいのう。城塞都市。

あの作品の舞台?隕石の上に築かれ、城壁に囲まれた街

およそ1500万年前に、この地域に隕石が衝突し大きなクレーターができました。その円形の土地に築かれたのが、ネルトリンゲンの街です。

ネルトリンゲンは街全体を城壁に囲まれており、巨人と人類が存亡をかけて戦う大人気漫画「進撃の巨人」のモデルになった街ではないかと、ファンの間で話題になっています。

進撃の巨人に登場する街とどのような点が似ているのか、ご紹介します。

こんなに似ている!進撃の巨人との共通点

1、街を取り囲む壁
高さ10m、周囲約4km。歩いて40分ほどで、壁を一周できます。

最初の壁が作られたのは、1215年。現存する壁が作られたのは1327年で、およそ700年も前のものです。

2、家が酷似

屋根に小窓もあり、アニメに登場する家と酷似しています。

3、シガンシナ地区のような区間がある

シガンシナ区は、巨人防衛のために壁より突出した地区。ネルトリンゲンにも小さな区間があります。

4、街に塔がある

街の中央に位置するのは、「ダニエル」と呼ばれている聖ゲオルク教会の塔。90mの高さがあり、街のどこからでも塔が見えます。「進撃の巨人」でも、巨人の見張りの為に、町中に塔が登場します。

実際には巨人の見張りではなく、天気予報に見晴らしの良さを利用していたようです。

5、門に紋章の刻印

市門は5つで、それぞれデザインが異なります。Reilinger門には正面に紋章があり、進撃の巨人に登場する門にも紋章が刻まれていました。

■ネルトリンガー門

さらに市中には、アッカーマン通りと呼ばれる道もあります。アッカーマンと言えば、ヒロインのミカサ、他重要キャラクターのラストネームに採用されていますね。

テレビ番組「世界ふしぎ発見」でもネルトリンゲンが取り上げ、近くに「ダイニンゲン」という巨人を彷彿とさせる街があることも紹介していまた。

公式からの発表はない

本当に物語の参考にしたかは、発表されていません。しかし、登場人物の名前・アニメ楽曲の歌詞などにドイツ語が使用されており、元ネタである可能性は高いそうです。

ドイツ語を使ったりと縁が深いドイツですから、元ネタになっている可能性は大いに有り得そう

出典 http://shingeki-kyojin.com

現在、進撃の巨人の影響でネルトリンゲンを訪問する日本人が急増中。アニメ版・実写版映画公開前に、思いっきり進撃の巨人の世界を味わってみませんか?


「進撃の巨人」を知らない貴方には、まずこちらを↓

WRITER

kahonyun
kahonyun

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    by.Sで記事を書いてみませんか?