この手があった!簡単なのに新しい美味しさ”ニンニク塩バター鍋”レシピ

豚とキャベツのニンニク塩バター鍋がこの冬の本命鍋として密かに注目されています。その美味しさを知らないままではいられない、絶品美味しいにんにく塩バター鍋のレシピを紹介します。

2014.11.19 更新

お昼の情報番組「ノンストップ」で紹介された塩バター鍋がこの冬のトレンドになりそうです。コクと香り、スタミナもつく鍋料理で暖かい冬を過ごしてみませんか。

ここにお豆腐とか油揚げとか入れたり、アレンジしてる!お鍋=和風 だったんだけど、洋風のような味でコクがあって、本当に美味しいのです。

出典 http://ameblo.jp

人気の火付け役レシピはコレ!豚とキャベツのニンニク塩バター鍋

冷蔵庫にある材料でササッと簡単、今夜の「もう一品」にも、もって来い! 
ニンニク塩バター鍋、うちの定番ですっ

出典 http://cookpad.com

材料 (2人分)
 豚バラしゃぶしゃぶ用 約150g
 キャベツ 1/4玉
 ニンニク 1片
 バター 10g

 鶏ガラスープ 1.5カップ分
 水 1カップ
 酒 1/2カップ

 塩 適量
 黒コショウ 適量
 ポン酢 適量

鍋にバター(10g)を溶かしてニンニクを炒めて香りをだします。ニンニクは輪切りでもみじん切りでもOK。香りがでたら、豚バラ肉を加えて炒めて焼き色をつけます。

鍋に鶏ガラスープ、水、酒を加えて煮立たせてアクは取ります。塩・黒コショウで味を調整したら、食べやすい大きさに切ったキャベツを加えてひと煮立ちさせます。最後に残りのバターを加えて完成です!

やっぱり鍋にはポン酢!バターのこってり感をポン酢がサッパリとさせてくれます。

今日はこれ調べてテンション上がったので夜ご飯を今作ったよ
『にんにく塩バター鍋』味見したけどめちゃくちゃ美味しかった〜!白菜×豚バラ最強伝説。

ちなみに、にんにく食べすぎるとご存知の通り臭いので、1日に1から2かけを目安にお召し上がり下さいな。

出典 https://twitter.com

キャベツの代わりに白菜で作っても美味しそうですね。

こんなレシピも。「塩バター鍋」のアレンジレシピ

基本のレシピをリピートしたら、材料をプラスしたり代えたりして今年の冬の間ずっと楽しめるレシピを紹介します。

具だくさんの塩バター鍋

具材は豚バラ、白菜、豆腐、水菜、玉ねぎ。
バターと相性抜群のコーンとジャガイモ、キノコも入っている。

出典 http://blog.livedoor.jp

魚料理のお店が出している塩バターメニュー。お店でも塩バター鍋人気のようです。コーンとジャガイモ、玉ねぎ、しめじも比較的キッチンに常備しているものだからアレンジにピッタリですね。

鶏団子でつくるにんにく塩バター鍋

鶏の出汁スープに鶏団子とキャベツだけのシンプル&あっさり鍋。具材はキャベツ、鶏団子、スライスしたニンニク、小ネギ、バターのみ。鶏出汁のスープに具材を入れて煮込むだけ。塩・コショウで味を調えてバターは最後に。あっさりだから軽めに食べたいときにおススメです。

とっても贅沢な海鮮塩バター鍋

頂き物の鮭と牡蠣とおばあちゃん作の白菜で塩バター鍋(◍˃̶ᗜ˂̶◍)美味しい~♡♡ビールに合う~٩(ˊᗜˋ*)و

出典 https://twitter.com

ニンニク塩バター鍋は〆まで美味しい

色んな素材がニンニクと塩とバターで最高に美味しくなる鍋は絶対〆まで食べたい美味しさが詰まってます。

美味しさがとまらないチーズリゾット

ひとりなべ!!バラとキャベツとしめじだけの塩バター鍋にシメはチーズリゾットポン酢でたびたらさらにおいしかった!!大正解!!

出典 https://twitter.com

美味しさがぎゅっと詰まったスープをリゾットにしてさらにチーズをプラス。

〆のラーメンも美味!

茹でたラーメンを残ったスープに加え、バターも入れて、全体があったまったら完成 (∩´∀`)∩


さっそくラーメンも食べてみると、超ウマいんですけど Σ (・ω・ノ)ノ

出典 http://www.nisikimi.co.jp

好みの定番メニューができたらさらにスープにもアレンジができるんです。味噌や豆乳、醤油やピリ辛素材をプラスしてみるものおススメです。

一人鍋にも家族との食事やパーティにも使える、この冬大注目のニンニク塩バター鍋。ぜひ試してみてくださいね。

CURATOR

miho
miho

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column
    by.Sで記事を書いてみませんか?