汚い言葉は口角を下げる。明日から表情美人になる為に必要なたった1つのアイテム/CHIHARU式型破りビューティーの作り方

2016.12.09

こんにちは、CHIHARUです。
 
実は最近、気になっていることがあるんです。
それは、女性たちの言葉使い。
 
20代後半、見た目はしっかり大人の女性なのに、
「〜っす」「っすか〜?」「やべ〜」とか……。
 
サバサバしている自分が好き、とか
丁寧な言葉使いをすると照れちゃう、とか
いろいろ理由はあるのかもしれないけれど、
大人の女性としては、エレガントとは言いがたいですよね。

 
実は、汚い言葉や悪口を言う時は、口角が下がってしまうんです。
 

私は、宝塚時代も今も、仕事柄「鏡」に囲まれて生活をしています。
話しているときの自分の顔が、意識しなくても見えてしまう。
だから、言葉の内容と表情の関係はとても深いということを、実感しています。
 
汚い言葉は濁点が多くて、発するときの声も聞きぐるしいもの。
不満げな表情で、乱暴な声で、汚い言葉を発する…。
これでは、美しいメイクをしていても、魅力的な女性には見えません。

 
逆に、言葉が美しい人は、立ち居振る舞いも美しい人が多い。
 
私は宝塚の下級生によく会いますが、
どんなに年下の下級生でも
会う度に丁寧な言葉づかいと、姿勢のよさに、
背筋がピンッと伸びる思いがします。
挨拶や言葉の選び方が本当にきちんとしていて、気持ちがよいですし、
私自身もきちんとしなきゃって、思わせてくれるんです。

 
表情美人になって人生を変えたいなら、言葉使いから見直すべき。

 
そのためにできる手軽な方法としてオススメなのが、
卓上に鏡を置いて過ごしてみることです。

雑な言葉、不満や悪口を言っているときの顔、
キレイな言葉使いで、楽しい報告をしているときの顔、
ふとした時にその違いが自覚できるようになれば、
自然に話す言葉、話すときの表情が美しく変わってきます。

「デスクの上に鏡なんて・・・」
と恥ずかしがらずに、ぜひ実践してみてね♪

■CHIHARU

ヘアメイクアップアーティスト。
1986年、第72期生として宝塚歌劇団入団。雪組・花組で男役スター、矢吹翔として活躍。在団中からメイクの勉強を始め、退団後はプロのヘアメイクアップアーティストに。舞台ヘアメイクのプロデュースをはじめ、女性誌の美容企画、美容セミナー、CMなど幅広いステージで活躍。女優、タレント、モデルからの支持も厚い。

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend