冬にも。パウダリー派にも。フェイスパウダーを正しく攻略すれば貴女の肌は変わる/CHIHARU式型破りビューティーの作り方

ヘア&メイクアップアーティストCHIHARUが大人女子の“美を磨く”ための実践的だけど型破りなTIPSをお届けします。

2016.12.09 更新

こんにちは。CHIHARUです。
 
突然ですが、みなさんは
ベースメイクのときの「フェイスパウダー」、いわゆる「お粉」をきちんと使えていますか?
 
「ファンデーションだけでも肌がキレイになるから」
「マットになりそう…」「粉だから、朝使いにくい」と
苦手な人が多いように思います。
中には、「パウダーファンデーションとの差がわからない」なんていうひともいるのでは?
今のフェイスパウダーはすごく進化していて、
透明感、毛穴カバー力、自然なツヤのすべてが手に入る
スペシャルなアイテム。味方につければ最強なのに、使わないのは、もったいない!
 
むしろ美しい肌は、ファンデーションよりも、「フェイスパウダー」の質で決まるといっていいくらい。
 
そこで今回は「フェイスパウダー」を使って
透明感のある「ふわふわの肌」をつくる基本的な方法をご紹介しますね。
 
リキッドファンデーション派だけでなく、
パウダリーファンデーション愛用者にも使えるから、ぜひ覚えてね。

リキッドファンデーションの場合

1.下地を顔全体に薄くぬる。

2.リキッドファンデーションを薄く塗る。

3.フェイスパウダーをパフにとり、軽く抑えるようになじませる。

パウダリーファンデーションの場合

1.下地を顔全体に薄くぬる。

2.
フェイスパウダーをパフで薄くなじませ、肌すべりを良くする。

3.
パウダリーファンデーションをブラシにとって、顔中央にだけ重ねる。

だまされたと思って試してみると、お肌の仕上がりがまったく違って病みつきになってしまうはずです!
 
ちなみに、私のお気に入りのフェイスパウダーは
ゲランの「レ ヴォワレット プードル リーブル」です。

極上のフェイスパウダーを使えば、肌のランクまで格段にアップ。
メイクくずれもしにくくなりますよ。ぜひ試してみて♪

■CHIHARU

ヘアメイクアップアーティスト。
1986年、第72期生として宝塚歌劇団入団。雪組・花組で男役スター、矢吹翔として活躍。在団中からメイクの勉強を始め、退団後はプロのヘアメイクアップアーティストに。舞台ヘアメイクのプロデュースをはじめ、女性誌の美容企画、美容セミナー、CMなど幅広いステージで活躍。女優、タレント、モデルからの支持も厚い。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

by.Sの最新情報をお届けします

注目記事

    RANKING人気記事

    芸能人トピックス

    • NEWHOT
    • NEWHOT
    • 市川海老蔵

      アメーバMVB

      市川海老蔵

    • {{talent.lower_text}}
      王冠 state

    • {{talent.lower_text}}
      state

    • {{talent.lower_text}}
      state

    • {{talent.lower_text}}
      state

    RANKING

    人気記事

    THEME

    話題のテーマ

    RECOMMEND

    関連記事

    Official Column