2015年、一番使う言葉は「ありがとう」でありたい /仕事上手は恋愛上手 byはあちゅう

2016.12.09

No.11 /2015年、一番使う言葉は「ありがとう」でありたい

あけましておめでとうございます。

一年にたった一度の、目標やテーマを宣言する時期なので
私も波にのって、ひとつ言ってみるとしたら、
今年は「ありがとう」を増やす一年にしたいです。


以前付き合っていたアメリカ人の元彼との間には、
一緒にレストランを決めて、
私が予約をするという役割分担がありました。

最初は、彼が予約もしてくれていたのですが、
「英語の練習にもなるし」という彼の提案で
ある時から私の役割になったんです。

はじめのほう、彼は予約が終わるたびに
「サンキュー、ハニー」と言ってくれました。

けれど次第に、「サンキュー」が無くなって、
「ねえ、このレストランだったら
絶対窓際のほうが良かったじゃん。
なんで予約の時に伝えないの?」とか
ぶつくさ文句を言うように…。

だったら自分でやればいいじゃん、
と不満でしたが、
ある時、レストランに行くまでに
「あ、そういえばいつも彼が運転してくれてるのに
それに対してのサンキューは言ってなかったな」
と気づいて、お互い様だったと反省。

運転ありがとう、と伝えたところ、
相手からも予約に対してのありがとうが返ってきて、
いまさらですがお礼を伝え合うことの大切さを噛みしめました。


仕事でも、「ありがとう」がある人とない人なら
ある人とお仕事したいですよね。

前の職場で、営業さんからちょっとしたお願い事をされて、
それを手助けしたら、帰る時に
デスクにチョコレートと「ありがとう」の付箋がおいてあったことがあって。

こちらは仕事として当たり前のことをしただけなのに、
こんなに感謝してくれるなんて…
絶対また何かあったらこの人からの無理は聞こう、
とひそやかに誓いました。


それから、自分の失敗談ですが、
ものすごく出来るアルバイトの子がいて、
当時私が担当していた、
ちょっとした仕事を完璧に仕上げてくれていたのですが
それに慣れてくると「すごいね」とか
「ありがとう」といちいち言わなくなっていったんですよね。

ある日何気なく「いつも完璧な出来で、本当に助かるよ、
ありがとう〜。」と声に出したところ
「え、そうなんですか。最近伊藤さんから、何も言われないので、
仕事のクオリティが下がってるのかとか、ちょっと気にしてました、
ありがとうございます」と言われました。

出来る人に対して、出来ることが当たり前と思ってしまいがちだけど、
それって、本当はいちいち感謝しなくちゃいけないことですよね。
ありがとうを言わなかったせいで、相手を不安にさせていた自分に、落ち込みました。
たった一言、反射神経で言えていたら…!


自戒を込めて書きますが、常に感謝の気持ちを感じる心と
それを伝える手間を惜しまない心の余裕を持てる人でありたいです。

「ありがとう」がクセになるだけで、
きっと、自分の見え方も相手との関係性も変わるはず。


忙しくなればなるほど、
身近な人、甘えていい人への気遣いが
おろそかになってしまいがちですが、
今年は絶対に忙しくしたい(仕事を充実させたい!)と思っているからこそ、
「親しき仲にも礼儀あり」をちゃんと意識した一年にしていきたいです。

今年もよろしくお願いします。

---------------------------------------------------------------

はあちゅう/本名:伊藤春香(いとうはるか)
ブロガー・作家。慶應大学法学部卒業後、電通、トレンダーズを経てフリーに。最新作「恋愛炎上主義。」(ポプラ社)が好評発売中。

■はあちゅうさん主宰のオンラインサロンはこちら↓

■はあちゅうさん出演YOUTUBE「ゲスアワー」↓↓↓

■はあちゅうさん著書はこちら↓↓↓↓↓↓

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

undefined

Recommend

undefined